コラーゲンが老化すると

人の体のほとんど部分に存在するコラーゲンは、細胞と細胞をしっかりつなぎとめる役割を持っています。コラーゲンは、老化によって減少することが分かっていますが、これは新しいコラーゲンの生産能力が低下するためで、20歳前後をピークとして40歳頃には半分以下の生産能力になることが知られています。
では、このコラーゲンが老化するとどんなことが起こるのでしょう。コラーゲンの老化が進むと、保水力が低下し、固くなってしまい体内で分解されにくくなり、細胞内の老廃物などもこの古くなったコラーゲンと一緒に排泄されずに体内にとどまってしまいます。
このようなコラーゲンの老化が血管で起きると、血管の弾力性が失われ動脈硬化になりやすく、関節の周辺で老化が進めば、関節の滑らかな動きが失われ、関節痛などの原因となります。また、骨の細胞をつないでいるコラーゲンが老化すると、骨の組織が弱くなるとともに骨粗鬆症などになりやすくなります。さらに、肌のコラーゲンが老化すると、肌のハリや弾力が失われるとともに保水力も低下し、シワやタルミがなどのお肌のトラブルにつながります。
この様に、老化による様々なトラブルは、コラーゲンと密接な関係があり、その老化の進行は20歳をピークに急激に進んでおり、気付いたころにはだいぶ進行しており、早めのケアが大切なことが分かります。

注目コンテンツ

banner コラーゲンが老化すると

詳細はコチラ

banner コラーゲンの正しい摂り方

詳細はコチラ

banner 美肌とコラーゲン

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 コラーゲンサプリのウソ、ホント. All Rights Reserved.