コラーゲンの正しい摂り方

コラーゲンの生産能力は20歳頃をピークに急速に低下することが分かっており、コラーゲンの生産能力の低下により、老化の様々な症状が現れることが知られています。
では、このコラーゲンをどのように補充すればよいのでしょう。最近はコラーゲン入りの食材が美肌を望む女性を中心に人気です。また、コラーゲンサプリやアンチエイジングのスキンケアなども人気があるようです。
しかし、コラーゲンを摂取しても、消化の過程でアミノ酸に分解されてしまうために、直接コラーゲンが増えることはないというのが専門家の意見のようです。
つまり、コラーゲンを摂取することでコラーゲンを作る元の成分は取り込むことができるが、コラーゲンの生産能力が低下した状態ではその効果は期待できないということです。従って、コラーゲンの生産能力の高い若い世代にはある程度効果が期待できる程度と考えた方がよいでしょう。また、化粧品などに配合されたコラーゲンは一時的な保湿香名はあるものの真皮まで届くことはほとんどないというのがホントのところです。
従って、コラーゲンを増やすためには、コラーゲンの生産能力を高める必要があり、コラーゲンを体内で作るときに必要なミネラルなどを補給するサプリを摂取することで生産能力を高めることが大切です。

注目コンテンツ

banner コラーゲンが老化すると

詳細はコチラ

banner コラーゲンの正しい摂り方

詳細はコチラ

banner 美肌とコラーゲン

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 コラーゲンサプリのウソ、ホント. All Rights Reserved.