本当のコラーゲンサプリとは

コラーゲンは、ほぼ全身の細胞に欠かせないタンパク質で、20歳前後をピークに急激に生産能力が低下し、コラーゲンの減少により様々な組織に老化現象が起こることが知られています。また、コラーゲンそのものを摂取したり肌に塗っても、コラーゲンを直接的に補充することは困難であることも知られています。
一方で、コラーゲンの減少は若い頃から着実に進んでおり、症状が顕著になる40歳頃には、半分程度の生産能力となっていることより、若い頃からコラーゲンの生産能力を高める努力が必要となります。老化していくことは、避けられませんが老化を最大限に遅らせることは可能です。
コラーゲンの合成と保持に大きくかかわるのがビタミンCと言われており、この事実は古くから知られており、ビタミンCの合成に成功したことで血管組織がボロボロになる壊血病がなくなった事実があり、この血管組織がボロボロになる原因がコラーゲンの減少によるものと言われています。
これ以外にもコラーゲンの合成に必要なのが鉄などのミネラル成分と言われていますので、若いうちから、ビタミンCや鉄分などのミネラル成分を含むサプリメントなどを摂取するとともに必須アミノ酸のリシンの摂取量を増やすとよいでしょう。

注目コンテンツ

banner コラーゲンが老化すると

詳細はコチラ

banner コラーゲンの正しい摂り方

詳細はコチラ

banner 美肌とコラーゲン

詳細はコチラ

Copyright(c) 2012 コラーゲンサプリのウソ、ホント. All Rights Reserved.